日本ミツバチ飛び交う耕作田

美味しい米作りのチャレンジは続く。重宝していた化学肥料の水稲基肥一発肥料は海洋汚染(マイクロプラスチック)の元凶と知りレンゲ緑肥に替えた。3町歩のレンゲ田は休日は若者、子供を連れたお母さんがレンゲを摘んだり写真を撮っている。よく見ると日本ミツバチが蜜を求めて飛び交っている。早速庭先に巣箱を置いた。日本ミツバチはキンリョウヘンの花香に誘われてやってくるとの事。蕾が付いた鉢を巣箱の前に置いた。早く咲いてミツバチを呼んでと淡い期待を寄せている。

コメントを残す