8月28日午前6時の圃場の様子

秋の気配が漂い始めた8月の終わり、サトウキビとともに稲も順調に成育しています。写真は稲田から望んだサトウキビ畑と稲の状況です。主力米の朝日はまだ稲穂が出ていませんが、試験的に栽培している早生種のきぬむすめは稲穂をたわわに着けており試食が待ち遠しいです。